ブログ

2016.06.13

Thiel法による解剖体固定法とその有用性についての検討 日耳鼻115: 791―794,2012

 困難な術式や新しい術式に際して術前に解剖体を用いて解剖学的理解を深めることは有意義であるが,従来のホルマリン固定による解剖体では組織の硬化が強く,術式に即して展開することが困難であった.Thiel 法は1992年に発表された解剖体の固定方法で,生体とほぼ同じ質感を維持することができ,病原体による感染の危険性を伴わない.本固定法で処理された解剖体は組織が柔らかく,実際の術式に即したかたちで解剖,検討することができ,術前の解剖学的検討に有用と考えられた.本法は他の解剖体固定法と比していくつもの有利な点があり,術式検討に加え,新しい手術機器の開発,外科医の技術評価にも有用であると考えられる.

 

続きは以下から

Thiel 法による解剖体固定法115_791

 

脳の手術に適したもの、耳鼻咽喉科の手術に適したもの、内臓の手術に適したもの、みな其々に最適な固定処置があります。 インドネシア大学では、筋・骨格系の解剖実習に最も適しているご遺体を使用します。

 

2016年8月開催分 参加申込受付中

お問合わせ  


・安心、安全のためにどのような対策をしているのか説明します。
・なぜインドネシア大学で解剖実習を実施するのか?その理由についてもお話します。
・現地空港でのエスコートサービスや待合せの具体的な方法について。
・各航空会社(JAL ANA ガルーダ チャイナエアライン シンガポール)の良いところなど。
・他の海外実習(ハワイや中国など)とどこがどう違うのか説明します。
・担当者と直接話すことでどんな人物か分かる。
・その他 気になることはどんなことでもお話ください。
・お問合せ後は、ラインやメッセンジャー、ショートメール等でも随時ご質問に応じます。気になったことがあればすぐにご連絡ください。

医療系国家資格をお持ちの方 (その学生含む)

民間資格者の方 (その学生含む)

  

Facebook

バナー201608月
 
2019バナー 携帯用
ページの先頭へ
Copyright © 合同会社T'sCreate All Rights Reserved.